静岡科学館る・く・る訪問

先月のこととなりますが、静岡科学館る・く・るを訪問しました。

目的は、昨年に当方が納品した、LEDマトリクスコントローラ『LMC-04』を使用した大規模LED表示器『ダンスダンス』を確認することです。

本当ならば昨年のうちに訪問したかったのですが、新型コロナの蔓延などで予定が延び延びとなっていました。

ビルディング状の変形LEDマトリクスを大型モニタに見立て、映像を表示しています。

当方開発のLMC-04を50ノード以上使用しています。

RaspberryPiによってこれらを連携させて、一枚の大型モニタとして映像を表示しています。

遠景はこちら。手前右手、案内板より奥に見えるのが、プレイヤー用のケージです。

ここで開始ボタンを押すと、映像と音楽と一緒に、ケージの中の人間の動きをマシンが取り込み、シルエットを合成して動画に表示します。

ケージの中からはこちら。手前にあるボタンがスタートボタンで、大人用と子供用があります。

シルエットを取り込むときのカメラの位置がこれで切り替わっているようです。

踊っている映像まで撮影できれば良かったのですが、撮影中に電話がかかってきてしまい、そちらの映像は使用できませんでした。残念。

そんなわけで、待機映像のみをこちらで紹介いたします。

静岡科学館る・く・る ダンスダンス 待機映像

静岡科学館る・く・るは、静岡駅から徒歩3分ほどのエスパティオビル8~10階にあります。

https://g.page/shizuoka-rukuru

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL