更新履歴 特徴 使い方 仕様 購入 サポート

■更新履歴


■特徴

RaspberryPiに、LEDアニメーションのパワーを

LMC-04は、RaspberryPiとLEDマトリクスを接続するだけで、自由な映像を表示させることができるLED制御ドライバボードです。

安価な部品

RaspberryPi(R)を接続するだけで、LEDマトリクスに動画表示
1枚で64x32ドットフルカラーのLEDマトリクスに対応(詳細は仕様を参照)

高輝度・高密度・高速表示

秒間60フレームで、最大13bitPWMのフルカラー表示(24bitRGB相当)
1ノード最大64x32ドットで明るく鮮明な画像を表示
複数ノードの連携による大画面化が簡単に可能
録画した動画の他、PCからのリアルタイムキャプチャも可能
屋外にも耐える(*1)輝度と高い密度により、複雑な映像を安価で表示

高いポータビリティ

電力制御機能により、モバイルバッテリー駆動と高輝度を両立
バッテリーを使用することで、電源装置のない環境で動作可能
20000mAhで8時間駆動(64x32 S8使用時 当社測定)

専用アプリによるPCからの制御

PC用制御アプリ(NeCoWinR2)からの遠隔制御
スマホ(Android端末)からの制御も可能
時間ごとに異なる映像を表示する「スケジュール機能」を搭載
無線LANのアクセスポイントとして動作し、複雑なIP設定なしでWiFi操作が可能な「アクセスポイントモード」を搭載。

*1 直射日光環境下での利用は非推奨です。

運用例

LMC-04 車載表示板としての表示デモンストレーション


LMC-04と32x32 P6 S8のLEDマトリクスを二枚使用した表示板のデモンストレーションです。
表示内容は、新年のデモンストレーションに使用するためのソースのテストを行っています。
RaspberryPiは3B、撮影はiPad Pro 11を使用しています。
表示のちらつきはカメラの同期の問題で、肉眼で観測するぶんには十分な緻密さと滑らかさを確保しています。

ムーバルサイネ(LMCポータブルサインボードP6)


LMCとLEDマトリクス『RPG 32x32 P6 S8』を二枚組み込んだ、バッテリー駆動で持ち運びができるLED表示器の完成品です。
解像度は64x32です。
消費電力が2~3Aと抑えめであり、モバイルバッテリーでの駆動が簡単であるため、展示会や屋外競技などで、電源のない場所でLED表示を行う用途が考えられます。
画像のものは表面に防水および光を拡散して視認性を向上させるための拡散ボードを装着し、より近距離でも滑らかに見えるようになっています。

スマートフォンによる表示制御や、Windows用アプリによる画像の編集やキャプチャ表示が可能です。
詳細はムーバルサイネを参照ください。

LMCサインボードP10


LMCとLEDマトリクス『RPG 32x16 P10 S4』を二枚組み込んだ、LED表示器の完成品です。
『NeCoWinR2』によるマルチモニタ制御で大型のモニタとして連携させることができます。
解像度は64x16です。
スキャンレート4であるために通常の表示器よりはっきりとした映像を表示することができます。屋外のメッセージ表示板などとして使用することを想定しています。

LMCマルチモニタ


LMCとLEDマトリクス『RPG 32x32 P6 S8』を二枚組み込んだLED表示器を、複数連携させることによって大規模な画面を表示させています。
『NeCoWinR2』によるレイアウト設定を行うだけで、シングル(単独動作)モードとマルチモニタモードを切り替えることができます。
必要な時のみマルチモードで使用し、通常はシングルモードで運用するなどの切り替えも簡単に行えます。

LMC防火訓練システム


LMCマルチモニタを使用し、PCで炎が燃えている映像を表示して、消火器に組み込んだモーションコントローラを操作し、火災の消火訓練を行うソリューションです。
高輝度で高反応なLMCならではの『NeCoWinR2』の『PC画面のリアルタイムキャプチャ表示機能』を利用しています。
写真は2018年10月に行われた広島県東広島市の「つくればフェアPlus」にて、実際に触れるデモンストレーションを行った際のものです。
6ノードのLMCを有線ネットワークで連携し、192x64ドットのモニタとして使用。PC上で動作するUnityアプリ(株式会社アドウィン開発)の画面をキャプチャし、表示しています。

■使い方

準備

LMCを使用するには、以下のものを用意してください。

組み立て

図のように、LMCとLEDマトリクス、RaspberryPiを組み立てます。
破損の可能性があるため、LEDマトリクス添付の電源ケーブルの極性に注意してください。

点灯

LMCにACアダプタを接続し、電源を投入してください。
しばらく待つと、起動メッセージとIPアドレスの決定が行われた後、
サンプルメッセージと動画のループ再生が行われます。

アプリからの制御

WindowsからLMCを制御する準備をします。
制御アプリ「NeCoWinR2」をダウンロードして、任意のディレクトリで解凍してください。
NeCoWinR2.exe」をダブルクリックすることで、制御アプリを起動します。

制御アプリ「NeCoWinR2」は、LMCのLEDマトリクス上で、PC上の画面をキャプチャして投影したり、録画した画面を転送したりすることができます。
詳しい使い方は、「NeCoWinR2」を参照してください。

■仕様


型式LMC-04
サイズ96x91x20mm
120x91x20mm(RaspberryPi3 Model B+装着時)
定格電流5V 50mA
(RaspberryPiおよびLED含まず)
端子仕様主電源入力端子端子M3
5V 最大4A入力
主電源入力DCジャック
(主電源入力端子と選択)
端子径2.1mm 中+
5V 最大4A入力
microUSB入力端子
(モバイルバッテリー用)
5V 最大2A入力
LED給電端子端子M3
5V GND 最大2A出力
LEDマトリクス端子HUB75インターフェース
(MIL 16ピンソケット)
RaspberryPi別売り(詳細は対応機器参照)
RaspberryPi端子40ピン 高さ:8.5mm パススルー端子あり 
 利用端子:5V,3.3V,GND,SPI通信端子,GPIO0
重量(RaspberryPi含まず)
同梱物
  • RaspberryPi用 システムイメージ書込済マイクロSDカード x1
    (2018/12月時点の容量:8GB メーカーは製品ロットによって異なる可能性があります)


対応RaspberryPi

LMCを利用するにはRaspberryPiが必須ですが、使用可能な機能はRaspberryPiの種類によって決定されます。
基本的にUSBで機能を追加すれば動作しますが、RaspbianOSで有効化する作業が必要ですし、全てのデバイスの動作を保証することはできません。
RaspberryPiを新規で購入してご利用の場合、RaspberryPi Model 3 B+ を推奨します。
  
名称対応LAN制御APモード詳細
Raspberry Pi Model A+D××処理性能不足で表示にちらつきが発生 起動が遅い
Raspberry Pi Model B××使用不能。端子構造が不一致
Raspberry Pi Model B+C×処理性能不足で表示にちらつきが発生 起動が遅い
Raspberry Pi 2 Model BB×アクセスポイントモード以外の機能を利用可能
Raspberry Pi Compute Module 3××使用不能。端子構造が不一致。
Raspberry Pi Compute Module 3 I/Oボードを使用した場合もイーサネットが使用不能
Raspberry Pi 3 Model BA全機能利用可能 消費電力が大きいため調整を推奨
Raspberry Pi 3 Model B+A全機能利用可能 消費電力が大きいため調整を推奨
Raspberry Pi 3 Model A+B×イーサネットなし アクセスポイントモード専用で使用可能。
消費電力が大きいため調整を推奨
Raspberry Pi Zero V1.3D××処理性能不足で表示にちらつきが発生
Raspberry Pi Zero WC×処理性能不足で表示にちらつきが発生
Raspberry Pi Zero WHC×処理性能不足で表示にちらつきが発生

RaspberryPiの購入は、RS正規代理店であるKSY Raspberry Pi Shop様からをお勧めいたします。

■対応LED

名称制御規格構成図ドットピッチスキャンレート添付品
ノード最大ドット数入力電力
RGB 32x16 P6 S8HUB756mm1/8MIL 16ピンリボンケーブル(20cm)
電源ケーブル(25cm)
64x32(4枚使用)5V max2A(注2)
RGB 32x32 P6 S8HUB756mm1/8MIL 16ピンリボンケーブル(20cm)
電源ケーブル(25cm)
64x32(2枚使用)5V max6.4A(注2)
RGB 32x16 P10 S4HUB7510mm1/4MIL 16ピンリボンケーブル(20cm)
電源ケーブル(50cm)
64x16(2枚使用)5V max8A(注2)
単色(R,G,B) 32x16 P10 S4
検証中
HUB12
(要・変換ボード)
10mm1/4未定
96x32(6枚使用)5V max2~3A(注3)
注:HUB75規格に準拠したLEDであれば接続は可能ですが、セクション制御の方法がLEDマトリクスごとに異なるため、
  弊社指定のLEDマトリクス以外の利用は保証外とさせていただきます。
注2:入力電力はLEDマトリクスの限界性能ですが、LMCでは合計4Aまでになるよう自動的に輝度調整を行います。
注3:単色LEDは赤、緑、青、白の四色があり、赤>緑>青>白の順で消費電力が大きくなります。

■購入

商品のお求め、あるいはお問い合わせは、弊社サポートまでご連絡ください。

現在、販売代理店を募集しております。

■サポート

ダウンロード

LMC関連資料とアプリケーションは、以下からダウンロードしてください。

LMC-04LMC-04 仕様書(PDF)ダウンロード
LMC-04 スタートガイド(PDF)ダウンロード
Windows用LMC制御アプリ
NeCoWinR2
NeCoWinR2 アプリケーション(zip)ダウンロード
NeCoWinR2 取扱説明書(PDF)ダウンロード
LMC コマンドサーバーLMC RaspberryPiシステムセットアップガイド ダウンロード(準備中)


よくある質問

Q.なぜ対応するLEDマトリクスを制限するのか?
A. LEDマトリクスは多くがHUB75規格の端子で接続可能ですが、LEDを表示する際のセクションの配置とスキャンレートが製品ごとに異なっており、この情報をLEDメーカーが販売者に必ずしも提供していません。
LMCはセクションのレイアウトやスキャンレートをファームウェアによって設定可能ですが、ユーザーが購入したLEDマトリクスを接続して表示できる保証ができないため、弊社が動作を保証できるLEDマトリクスのみを対応するものとしています。
ご了承ください。
なお、入手手段が明らかで、ある程度の数が調達可能なLEDマトリクスを紹介いただいた場合、ファームウェアを拡張して対応できる場合があります。

Q.RaspberryPiなしでは動作しないのか?
A. LMC-04には点灯テスト用のmicroSDカードスロットが用意されていますが、映像の品質が劣るため、正規の機能としては提供しておりません。

Q.対応するモバイルバッテリーは?
A. 出力電力が2A以上、できれば3A以上であるものが望ましいです。
また、通常のモバイルバッテリーは、充電目的に使用するため電力消費が低いと固有の時間でスリープ状態に突入します。これを回避するには一定以上の負荷を掛け続けなくてはなりませんが、スリープ状態となる閾値はモバイルバッテリーの製品ごとに異なります。
弊社では運用実績のあるものとして、アンカー・ジャパン株式会社のPowerCoreII 10000を推奨しています。

Q.使用中に画面表示が崩れて明滅するようになった
A. 表示する映像の電力消費がLMCの制御限界を越えた場合に発生する場合があります。
これが発生した場合、一度電源を落として10秒ほど待った後、再度電源を投入してください。

基本的にはLMCがソフトウェアで映像を調整して消費電力を制御していますが、条件によってそれを超過する場合が考えられます。
また、映像の輝度が高すぎることが原因とも考えられるため、『NeCoWinR2』の設定で表示輝度を落とす設定をするなど、消費電力を落とすようにソースに修正を行ってください。
これらの問題はファームウェアやLMCのコントローラの改善で対応できる場合があるため、問題が発生したソースと条件を添えて、弊社サポートまでご連絡いただければ幸いです。

Q.自分でRaspberryPiを立ち上げる場合のアプリケーションの入手方法は?
A.NecoWinR2のダウンロードファイルの「lmc」フォルダに、RaspberryPi用制御サーバー『コマンドサーバー』のスクリプトが含まれています。
Linuxの立ち上げ経験のある利用者であれば、このファイルをユーザーディレクトリの中にそっくりSSH等で書き込んで、Daemonとして動作させることで、『システムイメージ書込済マイクロSDカード』で提供するものと同等の機能を実現することができます。
詳しくは、『LMC RaspberryPiシステムセットアップガイド』を参照してください。

Q.『システムイメージ書込済マイクロSDカード』の入手方法は?
A.LMC-04の製品に添付するもの以外が必要な場合、microSDカードの製品価格と書込手数料等を含んだ有償にて提供を行っております。
SDカードを交換して使用することを想定する場合、システムイメージを『Win32 Disk Imager』などのシステムイメージ編集ツールでバックアップを作成しておくことをお勧めします。
詳しくは、『LMC RaspberryPiシステムセットアップガイド』を参照してください。


その他のお問い合わせ

Raspberry Pi そのものの仕様や使いこなし、異常に関するお問い合わせは、対応しかねる場合があります。ご了承ください。

LMCに関する質問、その他のお問い合わせは、弊社サポートに、メールまたは電話でお願いいたします。

共和システム株式会社
〒733-0816 広島県広島市 西区己斐大迫3-20-5
電話:082-273-1290  FAX:082-273-0764